投資信託とETF

 

 

目次

 

 

 

インデックス投資 投資信託とETFの違い|初心者にオススメなのは投資信託

以前の記事でご説明したように、投資初心者にはインデックス投資がおすすめです。つまり、ある特定の一社に投資するのではなく、分散して色んな企業の株へ投資をするわけです。

 

投資について少し調べてみると、ETFなるものが出てきます。

「このETFってなに?」「投資信託とETFは何が違うの?」

と疑問に思われている方は多いのではいでしょうか。結論から言いますと、どちらも投資信託なのです。

 

しかし、投資信託それ自体は非上場なのに対し、ETF(上場投資信託)は投資信託自体が上場しています。

要するに、ETFは「市場で株式のように取引されている投資信託」というイメージを持ってもらえれば大丈夫です。

 

ややこしいですよね・・・

私は最初、上場投資信託と聞いて、上場している株だけを取り扱っている投資信託だと誤解していました(笑)

 

売買の方法が違う

投資信託とETFでは、同じ投資信託であるはずの売買の方法が違います。ETFはむしろ株式を購入するのに近い形になります。

購入場所は証券会社のみですし、価格はリアルタイムチャートによって決まります。

 

一方で、投資信託は証券会社や銀行、郵便局など様々な場所で買えます。

また価格は投資信託の場合、一日一回、基準価額というものを設定し取引されます。

(基準価額=(株や債券の時価総額+利子や配当・運用コスト)/口数)

 

手数料が違う

主に、手数料としては販売時、保有中、売却時にかかるものが挙げられます。

一般的に、手数料はETFより投資信託の方が高い傾向にあります。

 

この原因として、購入方法から説明が出来ます。ETFはそれ自体は上場していますから、市場で直接購入します。

それに対して、投資信託は販売や運用などを複数の会社で行っているため、その分手数料が必要になります。

しかし、最近は手数料が安い投資信託も増え、販売手数料が掛からないノーロードのものまであるんですよ。

 

その他に違う点

その他に投資信託のメリットとして、仕組みとして使いやすく、初心者にオススメな点です。

その理由は1つ目に、ほとんどの投資信託で自動積み立て設定ができることです。

最初に設定していれば自動で毎月購入してくれます。

 

2つ目に、配当や利子が出た場合、勝手に再投資に回してくれます。すると、複利の力を存分に受けることが可能になるからです。

 

なお、ETFは株式のようにリアルタイムで自由に売買でき点や、配当をしっかり受け取っている感覚が味わえる点がメリットとして挙げられます。

今後本格的に株式投資を行っていきたい、という方にはいいのではないでしょうか。

 

まとめ|初心者には投資信託、より株式投資の感覚を味わいたい方はETFがオススメ

今回の記事をまとめると、

 

  • 初心者や小額から投資をしたい方は投資信託
  • ある程度資金があり、配当などを毎月受け取りたい方はETF

 

投資信託やETFはどちらも素晴らしい投資手法です。

 

これは私の理想論ですが、つみたてNISAで枠いっぱいまで使い切って、まだ余剰資金がある方はETFに投資してみるのも一つの手だと思います。

 

 

Follow me!

おすすめの記事