インデックス投資で資産運用

 

 

目次

 

 

 

初心者必見!インデックス投資を始めるメリット3

インデックスとは市場の動きを表す指数の事で、代表例を上げると日経平均株価や東証株価指数(TOPIX) S&P500、ダウ平均などがあります。

 インデックス投資(インデックスファンドとも呼ばれます)は市場と連動して投資資産額も変動します。例えば日経平均株価が10%上昇したら、日経平均株価に連動するファンドでは、投資している資産額も10%上昇します。つまり、日経平均株価というインデックスに比例して、当該インデックスと連動するファンドの資産額が上昇するということです。

インデックス投資はパッシブ運用と呼ばれる資産運用の方法です。これに対する運用としてアクティブ運用、アクティブ投資と呼ばれる方法もあります。アクティブ投資はプロがうじゃうじゃいる市場ですので、初心者が手を出すにはそれ相応の覚悟が必要だと思います。

 

インデックス投資は、とても分かりやすく、初心者の参入障壁が低いです。 今回はインデックス投資を始めるにあたっての、インデックス投資のメリットを3つご紹介いたします。

 

インデックス投資ならではのメリットではありませんが、資金があまりない方には積立投資をお勧めします。

コツコツ貯金をする感覚でインデックス投資を行ってみるというものですね。

 

➀インデックス投資は理解しやすい

なんといっても、インデックス投資は、初心者でも理解のしやすい投資方法です。
なぜなら、先述したようにインデックスが変動すれば、それに応じて投資した資産額も変動するので分かりやすいんですね。その昔資産運用を始めたばかりの投資初心者の私でも理解できました。

株式投資というと、初心者にとって、相場を読む力はどうしてもプロに勝てません。

どの会社の株価があがるのか、どの会社の株価が下がるのか。どのようなニュースが、投資している企業の株価に影響を与えるのか、そもそもそのニュースを逐一チェックできるのか。

個別銘柄の場合、変動要因がたくさんあります。

 

でもインデックス投資ならその心配はないです。

なぜならインデックス投資は日本や外国、各国の企業団体などに対して投資をするので、一般のニュースを見るだけでもある程度予想がつきます。

たとえば、飲食系のインデックスへの投資であれば、飲食系のニュースがその資産額の変動要因になってきますよね。

 

そのため、インデックス投資は初心者とプロの差が出にくく、オススメな投資信託となっております。

 

②インデックス投資は放置しても稼げる

投資のイメージとして常にパソコンに張り付いて相場変動を気にしてなければならない、数秒でも画面から離れたら損をしていた、など思っている方も多いと思います。
インデックス投資は「投資信託」としての資産運用になるので、基本的に購入したら放置です。

投資信託というのは、投資家から集めたお金を主な資金源にして、専門の投資家が株式や債券などに投資をします。
そして利益が出た分を投資家に分配する方法なので、運が良ければ何もしないでお金が入ってきます。
(当然、投資ですので元本保証はありません。)

プロのファンドマネージャーが分散投資をして、特定の指数と連動することを目指しているからです。

 

➂インデックス投資は労力がかからない

インデックス投資は、投資をするのに気軽にはじめられる点も大きなメリットです。
個人で株式取引(アクティブファンドとも呼ばれます)FXなどを行う場合は銘柄などの調査であったり、常に相場を見る必要があるので購入や売却などのタイミングにシビアにならなければなりません。

その点インデックス投資であれば、銘柄などの調査にあまり時間を掛けなくても済みます。

副業として始めたい初心者の方や社会人として投資に掛ける時間にあまり割けれない方に向いているでしょう。

 

【まとめ】インデックス投資はこんな人におすすめ

今回は初心者の方向けにインデックス投資のメリットについてご紹介いたしました。
資産運用をしてみたいけど、何から始めていいのかわからない・・・という方は仕組みの理解がしやすいインデックス投資から始めてみましょう。

 

 

Follow me!

おすすめの記事