インデックス投資の日経225とTOPIX

目次

インデックス投資での、日経225とtopixの違い|どちらに連動する投資信託のほうが良いの?

ニュースや新聞などで日経225やtopixをよく耳にしますよね。

しかし、

「日経225とtopixって何が違うの?」

と疑問に思われた方も多いと思います。

そこで、今回の記事ではそんな疑問に以下の順番で解説していきます。

•日経225(日経平均株価)とその特徴について
•topixとその特徴について
•どちらに連動する投資信託の方が良いのか

今回はインデックス投資によく使うインデックス2つをご紹介しますが、他のインデックス投資に関する情報もお届けします。

インデックス投資には証券マンは不要です。意識すべきはなによりもコスト、すると、ネット証券で買える、というのが重要ポイントです。

インデックス投資によく使う日経225の特徴とは?

日経225(日経平均株価)とは日本の株式市場を表す代表的な株価指数のことです。

株価指数とは株式の相場の状況を示すために、株式市場全体やある銘柄群の株価の動きを示したものです。(いわゆるインデックス)

その中でも、日経225は現在東証一部に上場している2000銘柄の株式のうち225銘柄を対象にしたものです。

では、この225銘柄は誰が選んでいるのかと言いますと、それは日本経済新聞社。

「1社だけで銘柄を選んだら偏りがでるのでは?」

と思われた方もいると思います。

実際に、一度採用されたらよっぽどのことがない限り採用され続けたり、上位5社の銘柄が20%を占め、値動きに大きく影響を与えるなどの問題点があります。
また、輸出関連株が多く、海外需要の影響を大きく受けるとされています。

インデックス投資によく使うtopixの特徴とは?

topixとはtokyo stock price indexの略称で、東証株価指数とも呼ばれます。
日経225とは違い、東証一部に上場している銘柄全ての時価総額を指数化したものです。

topixは時価総額の大きな企業の影響を受けやすいのが特徴です。
そのため、銀行や証券会社などの影響を受けやすく、国内需要の動向に大きく反映される企業の株価などを見るのに良いとされています。

結局、日経225とtopixどちらの投資信託に投資した方が良いの?

日経225とtopixそれぞれに一括投資とドルコスト平均法に投資した場合、いずれも日経225の方がリターンが少し大きくなるという結果が出ています。

しかし、先程も述べた通り日経225の偏りには注意しなければなりません。
日経225はユニクロ指数とも揶揄され、ファーストリテーリングだけで約8%も占めています。
日経225一本だけに投資してしまうと、分散投資でリスクを下げることが魅力であるはずのインデックスファンドの利点を活かしきれていないと言えます。

そのため、日経225をポートフォリオの一部にするぐらいにしといた方が無難ではないでしょうか。

まとめ

それでは、今回の記事をまとめます。

• 日経225は日本経済新聞社が選んだ225銘柄の平均株価
• topixは東証一部に上場している全銘柄の時価総額を指数化したもの

採用している銘柄数には大きな違いがありますが、日本の市場は世界のわずか8%程です。
そのため、日経225かtopixで大きく悩む必要はありません。

Follow me!

おすすめの記事