ストックインデックス225はどう?日経インデックスファンドの解説

目次

 

 

合わせて読みたい!

インデックス投資で、ストックインデックス225ってどうなの? | 人気の日経インデックスファンドを解説

ストックインデックスは大和アセットマネジメントが運用している投資信託です。

運用開始は1998年と非常に長く、人気のファンドです。

今回の記事では、ストックインデック225の特徴や純資産残高、コストなどを中心に解説していきます。

インデックス投資銘柄 ストックインデックス225の特徴

ストックインデックス225は日経平均に連動させることを目標とし、225銘柄のうち200銘柄以上に等株数投資を行います。日経平均株価は東証一部に上場している2000社のうち225社を日本経済新聞社が選び指数化したものです。

ストックインデックスを見てみると、上位銘柄の比率が高く、226銘柄に投資していることから日経平均とほぼ連動していることが分かります。

日経平均(=インデックス)と連動することを目指すファンドであり、当該ファンドに投資をするインデックス投資となります。

ストックインデックス225でインデックス投資1

(ストックインデックス225 運用報告書)

では、実際のベンチマークとの差を見てみましょう。

下の図は年間収益率を示したものですが、どの年もベンチマークを上回っていることが分かります。独自にリスクが高い銘柄などを除いて投資しているのでこのような結果が得られました。

ストックインデックス日経225でインデックス投資2

(ストックインデックス225 目論見書)

インデックス投資 ストックインデックスの純資産総額や手数料

ここからは運用状況の判断材料として、純資産残高と実質手数料を見ていきます。純資産総額の安心できる額は100億円と言われており、これを下回ると運用方針通りの株を買えなかったり、繰り上げ償還のリスクもあります。

繰り上げ償還のなにが投資家にとってデメリットか、というと、自身の想定している投資計画が狂うから、です。インデックス投資は長期で運用することが一般的であるといわれており、例えば10年間積み立てでも、一括でも特定のインデックスに投資したのに、そのファンドが5年で解散してしまったら(繰り上げ償還してしまったら)残り5年間分の複利効果が得られず、利益確定してしまうわけです。

さて、ストックインデックスの純資産総額はどうか。ストックインデックスの純資産総額は750億円と申し分ない数値です。

続いて、手数料に関して見ていきます。

購入時手数料は販売会社によって異なり上限が2.2%となっていますが、ネット証券の多くではノーロード(購入時の手数料なし)となっています。

信託報酬を含めた実質コストは0.572%となっていて、他の同じ日経のインデックファンドが0.1%代なのに対しかなり高めに設定されていることが分かります。

配当を受け取るか再投資に回すのか

インデックスファンドはできる限りベンチマークに連動をした動きをするため、多くのファンドで配当金の自動再投資が行われています。

しかし、ストックインデックスの場合は再投資か受け取るのか選択することができます。配当の推移を見ると、多いときでも1%以下で推移していることが分かります。

配当を受け取ると、20.315%の税金が配当所得にかかることをも考えると再投資する方が妥当です。

ストックインデックス日経225でインデックス投資

(ストックインデックス225 目論見書)

まとめ

ストックインデックス225はやはり手数料の面からみてもあまりオススメとは言えません。

配当目的だとしても過去の成績などから見て、米国のETFをポートフォリオに組み入れる方がベターだと言えます。

ファンドの選択は重要ですので、しっかりと自分で調べた上で選択してください。

 

 

Follow me!

おすすめの記事