インデックス投資信託とETFの違いを認識してからインデックス投資を!

目次

 

 

合わせて読みたい!

 

 

ETFとインデックス投資の違いについてわかりやすく解説

インデックス投資信託もETFも、同じ投資信託として、一般投資家にとっておなじみの金融商品になっています。それでは、この両者はどのような違いがあるのでしょうか。その違いについて初心者向けにわかりやすく解説してきます。

どっちも聞いたことがあるけど、その違いってなんだっけ?というところを整理してみました。

インデックス投資信託ではなく、ETFとは

ETFとは「Exchange-Traded Fund」の略です。別名上場投資信託とも呼ばれます。
ETFの特徴は、上場しているので、株式と同じようにリアルタイムで相場の値動きを見ながら取引を行うことができます。

商品としては、国内の代表的な株価である日経平均株価やTOPIX、海外のダウやS&P500と連動するさまざまな商品があります。ETFはこれらの代表的な株価指数と似たような動きして運用をする投資方法です。
ETFはアメリカ市場で大流行し、その後世界的に広がり、注目を浴びています。

ETFではなく、インデックス投資とは

インデックス投資もETF同様に、日経平均株価やS&P500に連動するように、その指数を構成する銘柄の中から運用されます。
インデックス投資は非上場で、売却する時の価格は1日1回決められるという特徴を持ちます。

インデックスファンドは、その性質から別名パッシブファンドと呼ばれます。
対をなすアクティブファンドと比べて、手数料や信託報酬などのコストが安いことから、老後のために資産形成を望む人に人気の商品となっています。

ETFとインデックス投資の違いは?

ETFとインデックス投資の違いは主に

● 上場・非上場の違い
● ETFは信用取引が可能
● 売買できるタイミング

などがあります。
ETFは信用取引が可能です。信用取引とは、現金や株式を担保にして証券会社に預け、証券会社からお金を借りたり、株券を借りてそれを売ったりする取引のことです。
最大で3.3倍までの取引ができます。(いわゆる、レバレッジ、ってやつです)
また、売買できるタイミングもETFは自由に決められるのに対して、インデックス投資は1日1回の売却額が出るので分からないことから、投資の透明性としてはETFに軍配が上がります。

まとめ

今回は初心者向けにETFとインデックス投資の違いについて説明しました。基本的には同じ投資信託ですが、利用目的や投資金額によってどちらが良いかは一長一短です。投資は事前学習が勝負です。もし投資に興味がある方がいらっしゃるのであれば、しっかりと運用方法を学んで、「勝てる」投資をしましょう。

正直、インデックス投資は長期でじっくり、が基本と言われていますから、売買できるタイミングが柔軟、売買価格は市場価格である、というETFの特長はそこまでメリットにはなりえません。勝負してみたいインデックスであるかどうか、が大事になってくるのでは、と筆者は考えています。

 

 

Follow me!

おすすめの記事