積立NISAでインデックス投資

目次

 

 

合わせて読みたい!

 

 

インデックス投資で積立NISAのおすすめ銘柄3つ

現在、積立NISAは180本あり、どれがいいのかは正直迷ってしまうますよね。初心者の方でどの積立NISAを選べばいいかわからない・・・という方向けに筆者のおすすめを3つほどご紹介したいと思います。

積立NISAを機に、投資を始める人は非常に多いですね。投資はする前に知識をつけてから!

インデックス投資でよく使う積立NISAは、最初が肝心

積立NISAは最初が肝心です。なぜなら積立NISAは「一度買ったら銘柄変更制限がかかる」からです。iDecoは投資信託の入れ替えが可能ですが、積立NISAの場合はそれが不可能です。

例えば、A商品の積立NISA非課税枠40万の範囲内で、B商品に変えたいと思ってもそれができません。そのため、初めの銘柄選びは慎重に行うようにしましょう。一回始めると変えるのがなかなか大変なわけです。

銘柄選びのポイントとしては、値下がりのリスクが少ないファンドとインデックス運用が出来るファンドを選ぶのがおすすめです。

インデックスファンドを選んだ方が良い理由

インデックスファンドは、積立NISAと相性が良いです。なぜなら、分散投資ができるので値下がりのリスクが少ないのと、アクティブファンドに比べてインデックスファンドの勝率が圧勝しているからです。

インデックスファンドとは、日経平均株価や、NYダウなど、特定のインデックス(=指標)と連動することを目指して、ファンドの構成銘柄を変えていくファンドのことを指します。このようなインデックスファンドに投資をすることをインデックス投資と呼んでいるわけです。

インデックス投資の場合、1銘柄に投資をしてもその銘柄は特定のインデックスに連動するようにいろんな株式を組み合わせたファンドになっていますから、ゆえに、インデックス投資をすれば、分散投資をしていることとなる、ということになるわけです。

フィナシーの調査によると、日本の中小株ファンドで10年運用した場合のインデックスの勝率は約56%、グローバル株式ファンドの場合は92%と結果は明らかでした。

毎月少額を積立投資していくインデックスファンドの運用法と積立NISAは非常に相性が良いといえます。

インデックスファンドのおすすめ銘柄3選

筆者が選ぶインデックスファンドのおすすめ銘柄は以下3つです。

● SBI・全世界株式インデックス・ファンド SBIアセットマネジメント 信託報酬0.1102%
● eMAXIS Slim 全世界株式 三菱UFJ国際投信 信託報酬0.1144%
● ニッセイ世界株式ファンド ニッセイアセットマネジメント 信託報酬0.1144%

インデックス投資を選ぶ基準はやはり「信託報酬の安さ」や「総資産額」でしょう。

積み立てをするわけですから、毎月かかる信託報酬は極力落としたいものです。また、総資産額が少ないと繰り上げ償還のリスクがあります。繰り上げ償還のなにが投資家にとってデメリットか、というと、自身の想定している投資計画が狂うから、です。インデックス投資は長期で運用することが一般的であるといわれており、例えば10年間積み立てでも、一括でも特定のインデックスに投資したのに、そのファンドが5年で解散してしまったら(繰り上げ償還してしまったら)残り5年間分の複利効果が得られず、利益確定してしまうわけです。

総資産額では、eMAXIS Slim 全世界株式がトップですが、一番信託報酬が安いのはSBI・全世界株式インデックス・ファンドです。どちらが良いかは好みの問題でしょう。

まとめ

今回は積立NISAのおすすめ銘柄3つをご紹介致しました。積立NISAは老後の資産形成に相性ピッタリです。少しでも投資に興味をある
 

 

Follow me!

おすすめの記事