インデックス投資は毎月分配か、再投資か

目次

 

 

合わせて読みたい!

 

 

インデックス投資は毎月分配型と、1年決算型はどちらがお得?

今回は、インデックス投資における分配金の受け取り方について、どちらがお得なのかを調査してみました。一般的には毎月決まった金額が受け取れる毎月分配型が人気ですが、はたして本当お得なのでしょうか?興味のある方はぜひ参考にして頂ければ幸いです。

インデックス投資の毎月分配型とは

毎月分配型とは、毎月インデックス投資で得た利益を投資家に還元してもらえる仕組みです。
毎月分配型は、毎月一定の金額が振り込まれるため、多くの投資家が儲かっていると錯覚してしまうことが問題です。

毎月分配型は利益が出ていない時でも、元本を払い戻して高分配を維持することによって成り立っています。
こういったことを繰り返していくと、元本の減少に従い、基準価額も減少していきます。
この事実を知らず、毎月定期的に金額が入るので、「儲かっている」と錯覚してしまう投資家の人も多いです。

インデックス投資の1年決算型とは

1年決算型は、1年毎のスパンでまとまって分配金を受け取る仕組みです。

分配型で本来毎月受け取る予定だった金額を再投資することができるので、運用資金額も大きくなります。毎月分配型と違って、毎月定期的に口座に振り込まれることがありません。そのため毎月の楽しみがなくなるといった理由から、毎月分配型に比べて人気度は落ちますが、はたして中長期的な面でいうとどちらがお得なのでしょうか?次で詳しく解説していきたいと思います。

毎月分配型と1年決算型はどちらが良いの?

結論から言えば、中長期な運用を目指すインデックス投信であれば、1年決算型の方がお得です。

理由として、中長期的なスパンで値上がりしていった場合は、ファンドの運用益が複利で運用されるので、複利の効果が高まります。つまり運用効率面で1年決算型の方が良いということです。基準価額が上昇していっている場合は、1年間は配当金を我慢して運用に回した方が結果的にプラスになります。
このように、インデックス投資を制するのは「我慢強さ」であると筆者は思っております。言い換えると、なるべく複利効果を得るようにする、ということですね。

まとめ

今回は毎月分配型と1年決算型のそれぞれの特徴、そしてどちらがお得なのかについてお話させていただきましたがいかがでしたか?目先の利益から毎月分配型が人気ではあるものの、トータルで考えれば1年決算型の方がお得であることがわかります。この記事を読んで、この事実を多くの人に知って頂けたら嬉しいです。

 

 

Follow me!

おすすめの記事